私の会社では西陣織の材料

 

 

「引箔」

 

 

を日々製造しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引箔とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸の様に細い和紙です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三椏(みつまた)

から作られる丈夫な和紙の上に色を塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金銀箔を散りばめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 箔を変色させる事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多彩なものから落ち着いた模様まで

 

 

 

種類は多種多様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金彩を施した和紙を

 

 

 

 

 

 

切屋さん

 

 

 

 

 

 

に持っていき

糸状に裁断されます。

 

 

 

 

 

 

そして完成

 

 

 

 

 

 

  

※切屋とは・・・引き箔を裁断する専門職です。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

和紙をおよそ0.3mm間隔の細さに裁断

 

 

 

 

 

 

 

 織機で一本づつ竹櫛にひっかけ

 

 

 

 

 

 

 

引き込みながら織られます。

 

 

その事から

 

 

 

 

 

ひ き ば く 

 「引き箔」

 

 

 

 

 

 

 

と呼ばれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

新しい素材にも

 

箔の装飾をしています

 

 

 


ガラス

ガラスやアクリルに箔を定着させ

 

煌びやかで透明感のある上品な仕上がりになります。


革の色はそのままでも綺麗ですが

 

箔を貼るとまた違った良さが出ます。

 

光沢感のある箔の下から革の表情が浮かび上がってきます。

 

表装

表具と箔は遠い昔から深い縁のあるもの。

 

屏風や衝立、掛け軸などに「引箔」を使い

 

新しい商品を作っています。

 

 

 

金属

つるっとした金属にも箔の模様を装飾する事ができます。

 

綺麗な装飾~錆びたような渋い色目など

 

幅広いイメージを表現できます。

 

 

 

 

 

 



有限会社 西村商店

 

〒602-0044

京都市上京区今出川通小川東入リ上ル北兼康町296